「航空宇宙シンポジウム2010」開催結果

 

               

                   

                 当日の展示会場の様子(ビデオ)

 

 

− 参考資料  −


1 展示会場入場者数

今年度入場者数

(参考)前年度実績

(参考)2008年度実績

11月25日(木)

11月26日(金)

11月27日(土)

3,212

3,972

3,818

11月30日(月)

12月 1日(火)

 

591

390

 

11月27日(木)

11月28日(金)

11月29日(土)

3,203

3,662

3,536

合  計

11,002

合  計

981

合  計

10,401

※今年度及び一昨年度は日刊工業新聞主催「航空宇宙産業技術展」と同時開催

 

2 講演会入場者数

今年度入場者数

(参考)前年度実績

(参考)2008年度実績

11月25日(木)

11月26日(金)

11月27日(土)

301

614

280

11月30日(月)

12月 1日(火)

 

664

480

 

 

 

合  計

1,195

合  計

1,144

3日間合計

943

 

3 商談・相談会面談数

発注企業 18社  (H21 8社)

面談社数

名刺交換数

昨年度実績

 

面談希望社

企業数

蝪稗硲

8

22

12

愛知県内

47

旭金属工業

10

 

20

岐阜県

8

螢┘▲

6

 

 

三重県

3

川崎重工業

10

3

18

静岡県

1

螢轡好謄奪井上

5

 

 

長野県

2

蠹臘点什扈

7

8

 

富山県

1

多摩川精機

7

8

6

中部地域内

62

東明工業

3

 

 

岡山県

6

東レ

10

8

20

栃木県

5

ナブテスコ

6

12

13

京都府

4

富士重工業

12

6

18

広島県

3

三菱重工業

5

 

10

神奈川県

3

メイラ

5

 

 

東京都

2

袁妥沈什扈

9

 

 

兵庫県

2

MMCスーパーアロイ

7

 

 

熊本県

1

住友商事

3

 

 

大阪府

1

豊田通商

7

 

 

福島県

1

三菱マテリアル

 

 

他地域 計

28

合   計

120

67

117

合  計

90

 

 

<航空宇宙シンポジウム2010結果報告書>

 

航空宇宙シンポジウム2010報告書 PDF 9.5MB になります。(画像をクッリクすることで見れます。)

 

====================================================

 

<開催までの案内 他>

 

2010年11月25日〜27日 開催

 

愛知・岐阜地域の航空機生産は全国の約5割を占めており、航空宇宙産業は、次世代産業としてその発展に大きな期待が寄せられています。

当地域では、国産旅客機(MRJ)の開発が進められているほか、ボーイング社(米国)の新型旅客機ボーイング787は、機体の35%が日本で生産され、そのほとんどが当地域にある三菱重工業蝓∪邵蟒店業蟲擇喇抻僚店業蠅旅場で生産され、中部国際空港を経由して米国へ空輸されています。さらに、我が国の主力ロケットであるH−僑舛賄地域で生産されています。

このような当地域での大きな動きを受けて、本県では、名古屋市及び(社)中部航空宇宙技術センター、(財)あいち産業振興機構、(財)名古屋産業振興公社とともに、航空宇宙産業の発展を支援するため、航空宇宙関連の地元主力企業等の協力を受けて、「航空宇宙シンポジウム2010」を11月25日(木)〜11月27日(土)の3日間開催します。

航空宇宙関連の各分野から第一線の講師を招き、最新情報を発信していただくとともに、航空宇宙関連の部品等を紹介する展示会や商談・相談会、技術シーズ発表会、パブリックイベントも同時開催するなど盛りだくさんの内容です。

この催しは、日刊工業新聞社主催の「航空宇宙産業技術展2010」と同時開催するものです。

 

名 称  航空宇宙シンポジウム2010

主 催  航空宇宙シンポジウム実行委員会

        (構成:愛知県、名古屋市、(社)中部航空宇宙技術センター、(財)あいち産業振興機構、

        (財)名古屋産業振興公社)航空宇宙産業フォーラム

共 催    (社)中部経済連合会、名古屋商工会議所

後 援    経済産業省、文部科学省、(独)宇宙航空研究開発機構、

        (社)日本航空宇宙工業会、愛知県教育委員会、岐阜県教育委員会、

        名古屋市教育委員会、国立大学法人名古屋大学、名古屋工業大学、

        NPO法人 子ども・宇宙・未来の会

日 時  平成22年11月25日(木)・26日(金)  午前10時〜午後5時

      平成22年11月27日(土)         午前10時〜午後4時

会 場  名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)

        第3展示館、交流センター3階 会議ホール、第3会議室、第4会議室

        名古屋市港区金城埠頭2−2

内 容  講演会、展示会、商談・相談会、技術シーズ発表会、「宇宙の学校」特別教室

対 象  航空宇宙分野に関心のある企業、学生、一般等

入場料  無料 

展示会の内容

 出展予定の企業・団体(32)

         蝪稗硲鼻旭金属工業蝓朝日航洋蝓■腺達達福淵▲瓮螢商工会議所)、螢▲譽奪スジャパン、

         ウエストバージニア州政府、螢┘▲蹇■唯唯奪后璽僉璽▲蹈き蝓↓螢ドコーポレーション、

         川崎重工業蝓■裡丕亘/佑海匹癲Ρ宙・未来の会、三光製作所、螢轡好謄奪井上、

         螢献礇爛魁↓蠹臘点什扈蝓玉川工業蝓多摩川精機蝓東明工業蝓

         東洋航空電子蝓東レ蝓△箸舛航空宇宙産業振興協議会、中日本航空専門学校、

         国立大学法人名古屋大学、国立大学法人名古屋工業大学、ナブテスコ蝓

         富士重工業蝓↓螢侫献疋蝓璽爛┘▲薀ぅ鵐此▲椒妊コート・ジャパン蝓

         三菱重工業蝓∋杏マテリアル蝓▲瓮ぅ薛蝓↓袁妥沈什扈蝓  複毅芦蚕隋

 出展内容

         航空宇宙関連の部品、研究成果など

 展示会への事前参加申込は必要ありません。

                        

講演会の内容・・・航空宇宙産業の現状や展望、新規参入に当たっての課題など

 (1) 日 時  平成22年11月25日(木)・26日(金)

 (2) 場 所  名古屋市国際展示場 交流センター3階 会議ホール

 (3) 内 容

日 時

番号

演題

講     師

11月

25日

(木)

10:15〜10:30

 

開 会

 

 

10:30〜11:10

1

〈基調講演〉我が国の航空宇宙産業の最近の動向について

経済産業省製造産業局

航空機武器宇宙産業課長

こんどう ともひろ
近藤 智洋 氏

 

11:15〜11:55

2

〈基調講演〉宇宙・航空分野の研究開発について

文部科学省研究開発局参事官

松尾 浩道氏

13:20〜14:00

3

誰もが参入できる超小型衛星を使った宇宙産業の創造

次世代宇宙システム技術研究組合

(NESTRA)理事長

やまぐち こうじ

山口 耕司 氏

11月

26日

(金)

10:00〜10:40

4

「国産旅客機MRJを世界の空へ」

三菱重工業

名古屋航空宇宙システム製作所 技師長

頼政 裕和氏

10:45〜11:25

5

最新航空機の生産技術

川崎重工業 

航空宇宙カンパニー生産本部

副本部長

うえたけ よしひろ
植竹 芳裕 氏

11:30〜12:10

6

IHIにおける航空機用エンジン生産の現状と課題

IHI 航空宇宙事業本部

副本部長(兼)生産センター長

おおたに ひろゆき
大谷 宏之 氏

13:10〜13:50

7

VaRTM工法を用いた航空機用構造の低コスト製造方法について

カドコーポレーション

代表取締役社長

くらたに やすなり
倉谷 泰成 氏

 

「宇宙の学校」特別教室の内容

 (1) 日 時:平成22年11月27日(土)  午前10時20分〜午後3時30分

 (2) 場 所:名古屋市国際展示場 交流センター 会議ホール

 (3) 内 容

パブリック講演会

時 間

テーマ

講師

午前の部

(10:20〜11:10)

〔はやぶさ〕物語

KU-MA会長

(JAXA名誉教授・技術参与)

まとかわ やすのり
的川 泰宣 氏

午後の部

(11:20〜12:10)

999スペーストレイン

(君を憧れの宙へ)

漫画家、YAC理事長、

KU-MA理事

まつもと れいじ
松本 零士 氏

パブリックイベント

12:50〜14:20

「宇宙の学校」特別教室

傘袋ロケット作り・他

 

技術シーズ発表会の内容

 (1) 日 時  平成22年11月25日(木)  午後1時25分〜午後4時50分

 (2) 場 所  名古屋市国際展示場 交流センター 第4会議室

 (3) 内 容

時 間

内  容

13:25〜13:30

開 会 挨 拶

13:30〜14:15

基調講演『航空宇宙産業へのレーザー技術の応用』

(株)最新レーザー技術研究センター

代表取締役  沓名 宗春氏

14:15〜14:50

『航空機部品の切削加工時に発生しやすいびびり振動とその抑制技術』

国立大学法人名古屋大学

大学院工学研究科 機械理工学専攻 教授  社本 英二氏

14:50〜15:00

休 憩

15:00〜15:35

『スペースエイジ材料における機械加工』

学校法人大同大学

工学部機械工学科 教授・創造創作センター長  井上 孝司氏

15:35〜16:10

『電子PVD法によるジェットエンジン用の熱遮蔽コーティング』

(財)ファインセラミックスセンター(JFCC)

材料技術研究所 所長代理  松原 秀彰氏

16:10〜16:45

『航空機部品適用を目指したVaRTMによるCFRP成形技術』

独立行政法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)

研究開発本部 主幹研究員  岩堀 豊 氏

16:45〜16:50

閉 会 挨 拶

 

商談・相談会の内容

 (1) 日 時  平成22年11月25日(木)・26日(金)

 (2) 場 所  名古屋市国際展示場 交流センター 第3会議室

 (3) 発注企業 航空宇宙関係製造企業 15社

□発注・相談企業 航空宇宙関係製造企業 14社

 蝪稗硲鼻旭金属工業蝓↓螢┘▲蹇∪邵蟒店業蝓↓螢轡好謄奪井上、

 島津製作所蝓多摩川精機蝓東明工業蝓東レ蝓▲淵屮謄好貝蝓富士重工業蝓

 三菱重工業蝓▲瓮ぅ薛蝓↓袁妥沈什扈蝓               複毅芦蚕隋

□専門分野相談企業 3社

 MMCスーパーアロイ蝓∨田通商蝓∋杏マテリアル蝓 複毅芦蚕隋

 

 

航空宇宙シンポジウム2010 PDF − こちらからダウンロード  してください。

宇宙の学校 PDF − こちらからダウンロード してください。

技術シーズ発表会 PDF − こちらからダウンロード してください。

 

ポートメッセ名古屋 ホームページ  −Link

 

=======================================================================

 

― 航空宇宙シンポジウム2010 事前最新情報 ―

 

<講演会について>

 

<第3展示館内の2つの会場について>

「航空宇宙シンポジウム2010テーマゾーン見取り図」

 

「ジャパンプライム見取り図」

 

プリンタ出力用画面