• カテゴリ ニュース の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ニュース&イベント情報 - ニュースカテゴリのエントリ

新あいち創造研究開発補助金情報

カテゴリ : 
ニュース
執筆 : 
ut 2013-4-15 18:10

新あいち創造研究開発補助金情報




愛知県では、次世代自動車や航空宇宙など、将来の成長が期待される分野において、企業等が行う研究開発や実証実験を支援する、「新あいち創造研究開発補助金」の受付を実施しております。

募集期間:平成25年度3月27日(水)から4月26日(金)

また、産業空洞化対策減税基金に基づく補助制度による企業立地、研究開発・実証実験の支援について、活用事例を載せた、パンフレットを作成しました。
是非ともご覧いただき、補助制度をご活用ください。
(愛知県ホームページ内トピックスを参照願います。)

■問合せ先:愛知県産業労働部産業科学技術課 
 電話:052-954-6370(ダイヤルイン)

詳しくは下記ホームページをご覧下さい。
http://www.pref.aichi.jp/sanro/taxreductionfund/

一般社団法人への移行のお知らせ

カテゴリ : 
ニュース
執筆 : 
ut 2013-4-1 13:10

一般社団法人への移行のお知らせ




社団法人中部航空宇宙技術センターは、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」に基づき、本年4月1日付にて一般社団法人へ移行し、一般社団法人中部航空宇宙産業技術センターとなりました。
 つきましては、これを機に中部地域における航空宇宙産業及び技術の更なる発展に向け努力いたす所存でございますので、今後とも一層のご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます。


◆名称
 平成25年4月1日から、「一般社団法人中部航空宇宙産業技術センター」となります。

◆所在地等
 所在地、電話番号等連絡先及び金融機関口座番号については、変更ございません。

◆権利・義務
 一般社団法人への移行後におきましても、法令に基づき、法人としてはその同一性を持ち存続しております。
従がって、既存の契約があり、かつその契約期間が平成25年4月1日を超えて継続する場合は、平成25年4月1日を以て「社団法人中部航空宇宙技術センター」の契約上の地位を「一般社団法人中部航空宇宙産業技術センター」に承継いたします。

以上

平成24年度補正予算事業公募開始のお知らせ

カテゴリ : 
ニュース
執筆 : 
ut 2013-3-18 19:30

平成24年度補正予算事業公募開始のお知らせ



このたび、経済産業省および中部経済産業局より平成24年度補正予算事業の公募が開始されました。
中でも注目度の高い2つの補助金事業についてご案内いたします。


■平成24年度補正予算「ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金」

●概要・目的
きめ細かく顧客ニーズをとらえる創意工夫に取り組むために、中小企業経営力強化支援法の認定経営革新等支援機関(認定支援機関)等と連携しつつ、ものづくり中小企業・小規模事業者が実施する試作開発や設備投資等を支援します。

●募集期間
【1次公募】
受け付け開始  :平成25年3月15日(金)
第一次締め切り:平成25年3月25日(月)〔当日消印有効〕
第二次締め切り:平成25年4月15日(月)〔当日消印有効〕
※本事業は、複数回の公募を予定しております。

詳細は中部経済産業局HPをご覧ください。
http://www.chubu.meti.go.jp/kikai/yosan.htm



■平成24年度補正予算「円高・エネルギー制約対策のための先端設備等投資促進事業費補助金」

●概要・目的
本補助金は、日本経済再生に向けた緊急経済対策(平成25年1月11日閣議決定)に基づき実施する施策です。円高・エネルギー制約の高まりの中、産業競争力強化・空洞化防止に資する先端設備投資等の導入を進める民間事業者を公募します。

●募集期間
平成25年3月15日(金曜日)〜平成25年4月25日(木曜日)【正午必着】
(早期受付締切は、平成25年4月4日(木曜日)【正午必着】)

詳細は経済産業省HPをご覧ください。
http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/kobo/k130315003.html

H-Bロケットフェアリング記念品一般販売のお知らせ




JAXAでは、役割を果たしたのち回収された「ロケットフェアリング」の断片を有効活用し、商品開発などの新たな価値創出の可能性を検討するため、企業等から企画を公募いたしました。
寄せられた企画をJAXA内で評価・選考の上、実施が決定した企画の中で、H-Bロケットフェアリングを記念楯およびカプセルとして一般向けに販売いたしておりますので、ご案内いたします。


■フェアリングとは
衛星フェアリングとは、ロケットの大気圏内飛行中に人工衛星に対する環境を守るために使用される覆いのこと。ロケットは空気中を高速で飛行するため、空気力とさらには空力加熱が作用する。人工衛星は、宇宙空間を飛翔することを目的としていることから打上げ中だけのために頑丈な人工衛星を作るのは不合理で、人工衛星をフェアリングで覆って保護し、空気の影響が無くなった高度で衛星フェアリングは投棄される。


■販売元 株式会社ウッドベル





「PARIS AIR SHOW 2013」ジャパン・パビリオン出展企業の募集



ジェトロでは、欧州最大のエアショー「Paris Air Show 2013」にジャパン・パビリオンを設け、海外販路開拓をめざす出展企業を募集します。

1909年より隔年で開催され、世界の航空産業界で最も注目されるイベントとして50回目を迎える「Paris Air Show」には、前回(2011年)、145カ国から359,000名の来場者があり、各国の航空産業関係者にとって重要な商談の場となっています。今後の成長産業の一つとして航空機器・部品産業に期待がかかるわが国でも、同産業分野での新規販路開拓ニーズが高まっているところから、ジェトロでは今回初めて本エアショーにパビリオンを設置し、同分野におけるわが国中小製造業の海外販路開拓を支援することになりました。

貴社の製品・技術等の商談・PRの機会として、ジャパン・パビリオンへ是非ご出展下さい。

◎Paris Air Show 2013 概要
◆会期
2013年6月17日(月曜)〜23日(日曜)※トレードデー17〜20日、パブリックデー21〜23日

◆開催地
フランス・パリ 

◆会場
Le Bourget Exhibition Centre

◆主催
Salon International de l'Aeronautique et de l'Espace (SIAE)

◆展示面積
展示スペース130,000平方メートル 機体展示スペース192,000平方メートル (2011年実績)

◆出品者数
45カ国・地域、2,113社(2011年実績)

◆来場者数
145カ国・地域、ビジネス151,000人、一般204,000人(2011年実績)

◆主催
ジェトロ

◆出展対象
航空機器・部品(エンジン部品、機体部品等)の製造、加工等に携わる企業

◆出展規模
90平方メートル

◆募集小間数
9小間(7.5平方メートル/小間)

◆募集企業数
9社程度

◆出展料
<中小企業料金(補助あり)>
・基本パッケージ 403,000円/小間
・航空輸送オプション 116,000円/小間
・アシスタントオプション 70,000円/1名4日間(トレードデー)

※中小企業法で定義する中小企業に限ります。
(詳細は中小企業庁:中小企業・小規模事業者の定義およびジェトロHPの「出展案内書」をご参照ください。)

<一般料金*>
・基本パッケージ 806,000円/小間
・航空輸送オプション 232,000円/小間
・アシスタントオプション 140,000円/1名4日間(トレードデー)

*ジェトロ・メンバーズには会員特典として、出展料の10%を割り引きます。ただし以下の条件とします。
・割引料金は会員一口につき年間費73,500円を年間割引の上限とします。
・割引は日本国内からジェトロ・メンバーズとして登録した法人・団体名でお申し込みいただいた場合に限ります。
・出展申し込み後にジェトロ・メンバーズに加入された場合は、割引の適用対象外です。

◆お申し込み方法
添付の「出展案内書」および「海外見本市出品要綱」をご確認・ご了承いただいた上、参加申込みフォームに必要事項を入力・送信してお申し込み下さい。
原則5営業日を目処に「出展申込書・承認書」のPDFフォームをジェトロよりお送りします。
5営業日以内にPDFフォームを2部印刷し、代表印を押印のうえ、次に挙げる書類を揃えてジェトロまでご提出ください。

1.出展申込書・承諾書(社印・代表者押印済みのもの) 2部
2.事前調査書 1部
3.会社案内(パンフレット可) 日本語・英語各1部
4.製品カタログ、パンフレット等 日本語・英語各1部

【郵送先】
〒107-6006 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル6階
ジェトロ機械・環境産業企画課 担当:三輪、土屋

お申し込み締め切り
2013年3月4日(月曜) 申込みフォーム入力期限
2013年3月8日(金曜) 書類提出期限

お問い合わせ先
ジェトロ機械・環境産業企画課(担当:三輪、土屋)
TEL:03-3582-4631 FAX:03-3582-7508
E-mail:tna-kikai@jetro.go.jp

詳細は下記ジェトロのホームページをご参照ください。
http://www.jetro.go.jp/events/tradefair/20130206253-event

応募多数につき、2013年1月10日 10:00をもって
参加募集を締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。



“日本の宇宙(そら)、支える中部の航空宇宙産業”
「第90回JAXAタウンミーティング」in名古屋市科学館の参加者を募集




平成25年6月に開催される「第29回宇宙技術および科学の国際シンポジウム(第29回ISTS)」のプレイベントとして、みだしのJAXAタウンミーティングを開催いたします。


◆開催日時
平成25年2月16日(土)14:00〜16:30

◆会  場
名古屋市科学館サイエンスホール(名古屋市中区栄二丁目17番1号)

名古屋市中区栄二丁目17番1号 芸術と科学の杜・白川公園内
地下鉄:地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」駅下車、4・5番出口から南へ徒歩5分
市バス:市バス「広小路伏見」下車、南へ徒歩5分
名鉄バス:名鉄バス「白川公園前」下車、北へ徒歩5分

◆主  催
第29回ISTS開催支援愛知・名古屋実行委員会、
(構成:愛知県、名古屋市、(社)中部航空宇宙技術センター、名古屋市科学館、名古屋大学、(公財)名古屋観光コンベンションビューロー、名古屋商工会議所、(一社)中部経済連合会)
(独)宇宙航空研究開発機構

◆内  容
1部:「はやぶさ1号/2号が拓く深宇宙探査」
   國中均氏(JAXAはやぶさ2プロジェクトマネージャー)からの話題提供 → 意見交換
2部:「日本の航空機産業の進むべき道」
   中橋和博氏(JAXA理事)&石川隆司氏(名古屋大学教授)のトークセッション
   → 意見交換




◆募集人数
300名/事前申込制(先着順とし、定員に達し次第締め切り。)

◆参加費
無料 ※科学館への入場料は第29回ISTS開催支援愛知・名古屋実行委員会で負担します

◆申込方法
1.申込書による申込み
・ウェブページより申込書をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上、下記申込先までメールまたはFAXにてお申し込みください。
【開催案内および申込書入手先】
http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000043135.html
http://www.pref.aichi.jp/0000057137.html
http://www.jaxa.jp/townmeeting/

2.電子メール・FAXまたは往復はがきによる申込み(任意様式)
「第90回 JAXAタウンミーティング in 名古屋市科学館」申込であることを明記し「参加者全員のお名前・年齢」、「代表者の方のご住所・電話番号・電子メールアドレス」をご記入の上、下記申込み先までお申し込みください。

【応募先】第29回ISTS開催支援愛知・名古屋実行委員会事務局
名古屋市中区栄二丁目9番26号 ポーラ名古屋ビル10階
(社)中部航空宇宙技術センター内
TEL052-221-6681 FAX052-218-8528 E-MAIL event@c-astec.jp
※ご記入いただいた個人情報は、主催者からの各種連絡・情報提供のために利用させていただく場合がございます。

◆申込期限 平成25年2月1日(金)
※定員になり次第締め切りとさせていただきます。

◆問合せ先
○参加・応募についてのお問い合わせ
 名古屋市市民経済局産業部産業経済課次世代産業係(担当:山口・近藤)
TEL:052-972-2417
○JAXAタウンミーティングについてのお問い合わせ
(独)宇宙航空研究開発機構広報部(担当:太田・大嶋)
TEL:050-3362-2954・3254


<開催概要・参加申込書>


開催概要(PDF 1,518KB)


参加申込書(WORD 45KB)

「航空機開発グローバルプロジェクトリーダー養成講座」


(略称:航空機リーダーシップ養成講座)

平成25年度講座受講生 募集のご案内


国立大学法人名古屋大学
大学院工学研究科長 鈴置 保雄
大学院工学研究科 航空宇宙工学専攻
教授 佐宗 章弘


拝啓 時下ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。
さて、当大学は平成24年度までの過去3年間、社会人および学生の混合教育プログラム「航空機開発DBTリーダーシップ養成講座」を開催し、計64名の修了生を輩出し社会貢献としての成果を上げてまいりました。しかし、我が国航空機産業の置かれた状況は、このDBT講座を企画した当時と大きく様変わりし、ボーイング787国際共同プログラムの量産レートアップおよびMRJ開発等々の新事業進展を契機にますますグローバル化が拡大する情況となっております。
これを受け当大学は、我が国航空機産業を人材教育面から確固として支えることを使命として、新しい潮流に適切な対応を図るため、親しまれた名称「DBT」を乗り越え、次年度(平成25年度)からは、ずばり主題通りに講座名を改称して更に講座内容を充実させることで、東海地区における「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成」に人材教育面から参画させていただく所存でおります。
現在、次年度講座開設につきましては、愛知県殿、経済産業省中部経済産業局殿へご支援をお願いしておりまして、この予算化如何に懸かるところはありますが、準備の都合もございますので、今回ご案内の通り、募集に踏み切ることとさせていただくものでございます。
つきましては、下記の募集要項「別添-1」にてご案内させていただき、各位の御参加回答をお待ち申し上げることとさせていただきますので宜しくお願い申し上げます。
なお前述致しました通り、本講座開設は次年度予算見通しとの関係がございますので、この点はご理解の程お願い申し上げます。従いまして、別添-1にて開講日程(全15回:6月初〜9月末)を記載しておりますが、具体的確定は受講お申込みの各位へ後日再度ご連絡申し上げることとさせていただきます。

敬具


【募集要項】
下記<別紙ダウンロード>の書類をダウンロードのうえ、ご参照ください。


※参考サイト
名古屋大学 工学研究科
航空機開発DBTリーダーシップ養成講座
http://www.nuae.nagoya-u.ac.jp/dbt/

<別紙ダウンロード>


H25年度講座概要説明(PDF 705KB)


募集要項(WORD 31KB)


講義内容(EXCEL 25KB)


カリキュラム-全15回(EXCEL 121KB)


受講申込書(WORD 104KB)

調査御協力に関するお願い

カテゴリ : 
ニュース
執筆 : 
ut 2012-11-30 14:30

調査御協力に関するお願い


向寒の候、時下ますますご清祥の段、お喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
本件は、名古屋市において航空機宇宙機産業界(中小企業)に対しての支援策を検討する上での基礎データとして調査するもので、弊センターがその業務を請け負った次第です。
別紙調査票項目に関しまして御協力を御願い致します。
尚、お忙しい中勝手申し上げますが、調査票にご回答頂き12月 7日(金)までに、ご返送下さいますようお願い申し上げます。 皆様の声を行政に反映させるため、今後ともこの様な調査につきまして御協力下さいますようお願い申し上げます。
敬具


調査対象
航空宇宙機関連企業(中小企業)における調査
調査内容
基礎情報・設備投資状況
(平成24年度の前後5年の設備投資実績及び計画)
※CADなどのシステム導入も対象と致します。
調査書式
別紙調査票(記名式)
※調査票は本ページ下部よりダウンロードし、ご記入ください
ご提出期日
平成24年12月 7日(金)午後五時まで
提出先(問い合わせ)
(社)中部航空宇宙技術センター 総務企画部
〒460-0008 名古屋市中区栄2-9-26 ポーラ名古屋ビル10F
TEL 052-221-6681 FAX 052-218-8528
総務企画部 大海(おおがい)
URL http://c-astec.jp
E-mail:ogai14@c-astec.jp
調査の発注元
名古屋市市民経済局産業部産業経済課次世代産業係
担当:近藤、山口
TEL 052-972-2417
その他
本調査でお答え頂きました基礎情報・設備投資状況については、発注元である名古屋市への報告以外には一切使用致しません。
以上

<別紙調査票>

doc調査票(WORD 44KB)

平成24年度愛知県・名古屋市共同委託事業『航空宇宙産業中小企業海外販路開拓支援事業』

“第5回(最終回)航空宇宙産業中小企業海外販路開拓支援セミナー”開催のご案内


向寒の候、時下ますますご清祥の段、お喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 第5回航空宇宙産業中小企業海外販路開拓支援セミナーを下記にて開催いたしますので、ご出席くださいますよう、お願い申し上げます。


開催日
平成24年12月18日(火) 午後2:00〜午後4:30(受付午後1:30より)
開催場所
愛知県産業労働センター“ウインクあいち”18 F セミナールーム
名古屋市中村区名駅4丁目4-38
TEL 052-571-6131
*JR名古屋駅桜通り口から ミッドランドスクエア方面 徒歩5分
*ユニモール地下街5番出口 徒歩2分
講 師
今井航空機器工業 株式会社 代表取締役 今井 哲夫 氏
テーマ
(仮)“海外取引に於ける企業内組織作りと海外戦略”
海外企業と取引開始とその延長線上にある海外進出(工場建設)のきっかけと成った契機。そして今後の展開!!また、海外企業は何を望んでいるか?
*JA2012出展を終えてアドバイザー・専門家の所感発表
(JA2012における海外企業との商・相談結果を踏まえた検証・評価)
*講師・アドバイザー・専門家への質疑応答
申込方法
別紙申込用紙に必要事項を記入後、メールもしくはFAXでご連絡ください。 (※今回から参加される方は、【新規申込】参加申込書もご記入ください。)
締切日
平成24年12月14日(金)
【問合せ先・申込先】
航空宇宙産業中小企業海外販路開拓支援事業事務局(社)中部航空宇宙技術センター
担当 大海(オオガイ)・角倉(スミクラ)
TEL052-221-6681  FAX052-218-8528
E-mail:ogai14@c-astec.jp 又は sumikura@c-astec.jp
以上

<セミナー日程・新規/継続参加申込書>

doc開催日程(PDF 85KB)

doc継続参加申込書(WORD 53KB)

doc新規参加申込書(WORD 37KB)

平成24年度愛知県・名古屋市共同委託事業『航空宇宙産業中小企業海外販路開拓支援事業』

訂正版:“第4回航空宇宙産業中小企業海外販路開拓支援セミナー”開催のご案内


秋晴れの候、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
第4回航空宇宙産業中小企業海外販路開拓支援セミナーを下記にて開催いたしますので、出席くださいますよう、お願いいたします。


開催日
平成24年11月28日(水) 午後2:00〜午後4:30(受付午後1:30より)
開催場所

愛知県産業労働センター“ウインクあいち”10F 1003号室
名古屋市中村区名駅4丁目4-38


TEL 052-571-6131
*JR名古屋駅桜通り口から ミッドランドスクエア方面 徒歩5分
*ユニモール地下街5番出口 徒歩2分
講 師
小川 浩 氏
テーマ
“海外販路開拓の為に準備すべき事”
〔海外航空機産業との各種契約書と契約に関する対応〕
帝人製機岐阜工場長を経て米国民間航空機の装備品市場開拓に寝食を注ぎ、帝人製機アメリカを起ち上げた社長としての経験・実績をもとにセミナーを開催致します。
*JA2012出展を終えてアドバイザー・専門家の所感発表
(JA2012における海外企業との商・相談結果を踏まえた検証・評価)
*講師・アドバイザー・専門家への質疑応答
申込方法
別紙申込用紙に必要事項を記入後、メールもしくはFAXでご連絡ください。 (※今回から参加される方は、【新規申込】参加申込書もご記入ください。)
締切日
平成24年11月22日(木)
【予告】
第5回航空宇宙産業海外販路開拓セミナー(最終回)
・開催日:平成24年12月18日(火)午後2:00〜
・開催場所:愛知県産業労働センター(ウインクあいち18F)(公財)あいち産業振興機構セミナー室
・講師:今井航空機器工業 株式会社 代表取締役 今井 哲夫 氏
     
以上

<セミナー日程・新規/継続参加申込書>

doc開催日程(PDF 36KB)